広告
スポンサーリンク

エバートンFC監督、ロナルド・クーマン氏にお会いしました!

  数週間前からサッカー関係者が地元に帰ってきました。現エバートン監督のロナルド・クーマン氏。選手としての現役時代はオランダ代表でもあり、黄金期はFCバルセロナで6シーズンプレイされたそうです。

お互いよく行くお店の常連客なので、そこでお目にかかります。ルーニーの移籍の話もルカクの移籍の話もご本人から直接お伺いしました。私がもっとサッカーに詳しければ、もっと質問できるのでしょうが、全くの素人なのでもったいないですね〜。でも、全くの素人だからこそ、色々とお話を聞かせてもらえるのかもしれません。

クーマンさんはとても気さくに接して下さり、「選手から監督へのキャリアチェンジは大変でしたか?」「ポテンシャルの高いプレイヤーって一体全体どう見極めるのでしょうか?」というその道のプロに面と向かって聞くのは躊躇われる初歩的な質問をしても「できるなら、選手だけずっとしてたかったよ。明日のことなんて考えずにその日その時ベストを尽くすことだけ考えていればいいんだからさ」と笑って取り合って下さります。
上記は直接質問のお答えにはなっていませんが、これは以前に日本のサッカー界のキング、三浦知良さんとお食事をさせて頂く機会に恵まれた際に、カズさんも仰っていました。
「監督は、多くの人やその人の家族のことまで考えないといけない立場だからプレイヤーとは全然違う大変な責任を負っている」と。
カズさんは違いますが、監督になるというのは多くの元選手たちにとっては理想的なキャリアシフトであり、その為に、現役の時から監督のライセンス取得の準備を始める選手もいます。
その一方で、若くして巨額の報酬を受け取っても、フットボーラーとしてのキャリアを終えて数年後に自己破産する選手もいます。
その差を分けるのは、やっぱり知性と人間性ではないかと思います。人間性というのもある意味、知性ですからね。クーマン氏からは知性を感じます。
またクーマン氏に今日お会いしましたので、実はブログを書いていて、先日撮って頂いた写真をアップしてもいいですか?と聞いたら、「ノープロブレム!」とご快諾頂きました。
カッコイイ!やっぱり大物は自分が何者かよく分かっていらっしゃいますね。ケチケチしていません。受け答えも論理的で丁寧、とてもジェントルマンなクーマン氏。今年はエバートンも応援します!

Everton FC

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] マンチェスターユナイテッドのレジェンドで、現在エバートンでプレーしているルーニーが不倫したとされる現場もここのお店です。詳しくはこちらのThe Sunの記事をご覧下さい→ ルーニー不倫の記事。このレストランも、その後にルーニーが移動し女性と合流したとされているThe Bubble Roomもルーニーの自宅から目と鼻の先だし、どちらのお店も相当人目につくので、ルーニーも本当に無防備ですね🙃 一緒に遊んでいたウェズブラウンはユナイテッド時代から仲良しで有名で、久しぶりに二人で羽目を外してたんでしょうね。しかし、お二人ともさすがにもう少し考えないと、これはバレるべくしてバレてますよ!クーマン監督の不安も的中ですね。怒っておられるだろうなぁ。因みにウェズ ブラウンの奥様は、以前このブログのド派手セレブの記事でも紹介したCheshire wivesという番組の初代主演メンバーです。PiccolinoとThe Bubble Roomの位置関係は以下の通りです。私は騒がしいところが苦手なので行きませんが、The Bubble Roomにはサッカー選手がよくたむろしているので、選手目当てに女性も沢山たむろしていることで有名です。一攫千金狙いっていうやつですかね😁  […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。