広告
スポンサーリンク

プレミアリーグ開幕!開幕戦マンチェスターユナイテッド vs ウェストハム 4-0 新セキュリティを侮るな!1時間前に手ぶらで行け!

2017-2018シーズンのプレミアリーグがいよいよこの金曜日(8月11日)に開幕しました。


以前もこのブログで書きましたが、我が家は日本から遊びに来るお友達にも喜んで頂けたりするのでイギリスの名門フットボールクラブ、マンチェスターユナイテッドの年間シートを持っています。


今シーズンのキットはこんな感じ。毎年、年間パスと一緒にマフラーが送られてきたり、パンフレットが送られてきたり、内容がシーズン毎に違います。

娘と3人並んで観戦できるようにもう一席買い足したいのですが、3席並びの席で今の場所と同等かより良い席がなかなか売りにでません。従って2席だけです。今日は夫が仕事の都合で行けなくなり、せっかくの開幕戦なので、若干2歳にして私よりフットボール好きな娘と一緒に観戦してきました。

今シーズンからテロ対策でセキュリティが強化され、以下2点大きな変更がありました。

①キックオフに間に合うように試合の1時間前までにスタジアムに来て下さい。

②できるだけ手ぶらで来て下さい。ちなみに、スタジアム持ち込めるかばんのサイズは20cm x 15cm x 5cm。それ以上のサイズの手荷物は預けることは出来ますが手続きに時間がかかります。


セキュリティを強化して頂けるのは今のご時勢、安全対策上、大変有り難いことなのですが、カバンのサイズ、小さっ!

オムツ二枚、お尻拭き、ビニール袋数枚、お財布、携帯、家の鍵でかばんがパンパンではち切れそうです、、、。財布は普段使っている長財布から小さなお財布に移し変えたというのに。

キックオフの1時間前にスタジアムに行くというのも2歳の娘連れではハードルの高い話。私はキックオフの30分くらい前に着くように向かいました。

この写真の道のはるか先、中央に見える白っぽい物体がオールドトラフォード。時間が指定されている時間より遅いせいか道は空いていました。


ちなみに、この辺りから徒歩でスタジアムに向かう人々が密集し始めますが、見事にほぼ全員手ぶらでした。あのレター1枚ですごい統制力だと密かにびっくり。それだけ年間シート保持者が多いということでもありますね。


オールドトラフォードの至近まで直進してこの写真の左に写っている茶色の建物のある角を左折したところにあるのが、私たちが年間契約している駐車場。因みにこの通りはChester Roadという名前で、スタジアム敷地内にある駐車場と反対側の通りになります。実はスタジアム敷地内の駐車場は出入口が少なく駐車スペースも多いので、試合前後は大渋滞し、試合を最後まで観てから帰ろうものなら、駐車場を出るのに1時間以上、自宅到着まで合計2時間近くかかるということもありストレスが溜まります。一方、Chester Road側は裏道を使えば、自宅まで30分かからないことが殆ど^_^ 外部業者が運営している駐車場も沢山あり、我が家が契約している場所はスタジアム敷地内にある駐車場よりも席まで近く、且つ駐車料金もお安いといいこと尽くしなんです。車やタクシーでオールドトラフォードまで行かれる場合は、Chester Road側からアクセスされることを強くオススメします!


満車で閉まっています(笑)やっぱり皆ちゃんとキックオフ1時間前に来ていたのですね〜!


係の人に誘導されて、この駐車場の斜向かいくらいにある予備の駐車場に停めさせて頂きました。


ラッキー!実は本来の駐車場よりこちらの駐車場の方がはるかに広々として停めやすいのです。但し、前回は遅刻して来たら既に係の人が全員居なくなっていて、ゲートもロックされていたので、そうならないように要注意です。

こちらの駐車場を運営している会社から例年、入り口で提示する年間パスが送られて来ていたのですが、今年からは完全に電子化され、申し込み時に登録したナンバープレートの車両であれば入り口で電子端末で照合して入れてもらえます。我が家は年間契約していますが、Chester Roadには当日早めにいけばスタジアムから歩いていける場所に駐車場がいくつもあります。


こちらの駐車場の利点は色々あって、その内の一つが、メインの入り口ではなく裏からスタジアムの敷地にアクセスできるので、比較的人混みを避けて歩けるということです。

我が家が契約しているこちらの駐車場と渋滞を避けるオススメの裏道についてはまた今度、別記事に纏めますね。

裏の進入口にも大勢のセキュリティがいますね。ここで呼び止められチェックされる人もいます。


娘にぬいぐるみは車に置いていこうと何度言っても断固「スカイ*も一緒に行く」と譲らないので、この一番手前のセキュリティのお兄さんにスタジアムにぬいぐるみを持ち込めるか聞いたところ「大丈夫だよ!」とギュッとスカイを抱き締める娘を見て目を細ませながらお返事してくれました。

*イギリスでも大人気のPaw patrol (ポウ・パトロール)というカナダのテレビアニメのキャラクターでSky(スカイ)という名前のメスの犬(コッカープー)です。


そのまま道なりに進み階段を降りてスタジアムの敷地内に進入します。この時点でキックオフ開始20分くらい前です。

しかし見よ、この人集り、、、。

あのレターは正しかった!キックオフを見逃したくなかったら1時間前にスタジアムに行くことをお勧めします。


ちなみに、完全に手ぶらの人と私のように小さなハンドバッグを持っている人でも列が分けられていて、明らかに手荷物のチェックのある列の方が長かったので、その意味でもあのレターは正しかったです。皆様、極力手ぶらで行きましょう。

しかし、最後キックオフが近づくと「もう手荷物の有無は関係なく皆様三列に分かれて並んで下さい!」と係の人が掛け声をかけて、列が崩れたので、私と娘はタイミングよく大して並ばずに入場できラッキーでした。


手荷物検査は2回ありました。カバンの中を確認した後オレンジのタグを付けてくれたお姉さんの後、入り口直前で手を上げて全身をチェックされた時にも別の若いお兄さんにもう一度カバンを開けるように言われました。


2回目の検査の際、お兄さんにカバンを開けるために抱っこしていた娘を地面に降ろすと「お子さんを抱っこしているのに、2回も確認をお願いしてすみません」と本当に申し訳なさそうに言われました。イギリス人って若い男性でもこういう場面でこういう言葉がサラッと出るのが紳士的だと妙に感心します。


キックオフ5分前に入場。本当にギリギリ間に合いました。


開幕戦とあって、観客も気合い十分。すごい熱気です。


私はフットボールのことは良く分からないのですが、レベルの高いチーム同士が対戦するプレミアリーグの試合は非常にクオリティの高いスポーツ観戦対象だと思います。それに8万人の観客の歓声って凄いですよ。サッカー好きでなくともオールドトラフォードの躍動感というのは一度は生で体験する価値があると思います。

本日の対戦相手はウェストハム!友人のパブロ・ザバレタも新しいユニフォームに身を包み立派にピッチで闘っています。彼が引越しの際、パブロが引越しの際「開幕戦がユナイテッドとは今年はタフなスタートだなぁ」とこぼしていたのを思い出し、彼にも心の中でエールを送りました。


お二人の監督もスーツ姿でカッコイイですね。勝負師の後ろ姿。


ともかく、2歳児すら釘付けになる本場イギリスのサッカー、恐るべし


オールドトラフォードの躍動感をおすそ分け♡こちらのビデオは今シーズンからマンチェスターユナイテッドに加入した期待の新星ルカクの一本目のゴール直後の映像。友人が前シーズンから彼の食事のサポートをしているので密かに応援しています。


ハーフタイム時、こちらのトンネル内までは出てくることができますが、トンネルの二つの出入り口には柵がしてあり、セキュリティが見張っています。その柵を越えて一旦出てしまうとスタジアム内に引き返すことは出来ない仕組みになっています。


ハーフタイムになった瞬間、気持ちの切り替えの早い娘が「お家に帰ろう!」「お家に帰ろう!」と大合唱し始めたので、娘に手を引かれて私はそのままスタジアムを後にしました。その後ユナイテッドは3点追加し、4対0で圧勝!良い滑りだしです^_^

サクッと前半戦45分を観戦して、すいすい渋滞を避けて帰る。2歳児を連れての観戦はボックス席でなければこれくらいが限度ですし、丁度いいです。

帰りの駐車場にはセキュリティの方々はもう居ませんでしたが、バーとゲートは車が近づくと自動で開いて無事に出ることができました。


私なりに、世界中から観光客を動員するオールドトラフォードに地元のイギリス人のサポーターに混ざっていつでもフラリと気ままに行ける今の環境を今シーズンも楽しみたいと思います。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 以前このブログのマンチェスターユナイテッドについての記事でもご紹介した通り、我が家はよくマンチェスターユナイテッドの試合を観に行きます。私はサッカーのことは詳しくありませんが、トップアスリートのことを尊敬していますし、パブロのようにトップアスリートで且つ人間的にも素晴らしいと、より尊敬し応援したくなります。イギリスでのサッカー観戦の醍醐味は、何といっても大勢の観客が一つのことに夢中になることで、そういう空間の中に身を置くのってやっぱり楽しいですよね。今日も7万5千人以上の観客が入っていました! […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。