広告
スポンサーリンク

UEFA Champions League開幕初戦、マンチェスターユナイテッド対バーゼルFCの試合をオールドトラッフォードで楽しんできました!

昨シーズン、ヨーロッパリーグを制しチャンピオンズリーグ出場権を勝ち取ったマンチェスターユナイテッド。賛否両論色々ありますが、ここ一番で結果を出すモウリーニョ監督、やはり名将です。しかもカッコイイですよね^_^

以前このブログのマンチェスターユナイテッドについての記事でもご紹介した通り、我が家はよくマンチェスターユナイテッドの試合を観に行きます。私はサッカーのことは詳しくありませんが、トップアスリートのことを尊敬していますし、パブロのようにトップアスリートで且つ人間的にも素晴らしいと、より尊敬し応援したくなります。イギリスでのサッカー観戦の醍醐味は、何といっても大勢の観客が一つのことに夢中になることで、そういう空間の中に身を置くのってやっぱり楽しいですよね。今日も7万5千人以上の観客が入っていました!

今日はチャンピオンズリーグ開幕初戦ということもあり、マンチェスターは朝から盛り上がっていました。キックオフ直後のスタジアムもこの通りの雰囲気です。

​スイスのバーゼルFCとの対戦でしたが、私が見ていても「今日は先ず負けないな」といった雰囲気試合が進みました。前半を終え1-0。

得点を決めほぼ試合を決めたフェライニも拍手喝采のなかロッカールームに引きあげます。

今年はマンチェスターユナイテッドもいい補強ができ、シーズン序盤からチームとして機能しているので、シーズンが進むに連れより強くなる気配あり(と、夫が言っています)。何よりチェルシーから獲得したネマニャ・マティッチが今シーズン一番の補強だと強調しておいてほしいそうです。

チャンピオンズリーグの試合は、マンチェスターユナイテッドではなく、主催者であるUEFAがスタジアムを管理しますので、スポンサーもカメラの位置も、警備の仕方も全てプレミアリーグの試合とは違います。それもチャンピオンズリーグ独特の雰囲気を作り出している理由だと思います。予選の段階でこそシーズンチケット所有者は自分の席で試合を観れますが、決勝ラウンドのビッグマッチになってくると、別の席に移動させられることが多く、観なれない席、観づらい席での観戦になることが多いです。UEFAが世界中のファンにチケットを販売するために集中管理してしているのでしょう。自分に充てがわれた席に黙って座って観るしかありません(試合の数日前に当日のチケットが自宅に送付されてきます)。

写真を撮り忘れましたが、今シーズンはテロ対策もあり特に警備が厳重です。今日はチャンピオンズリーグということもあり、警察官の数が日頃よりはるかに多く、スタジアム内にも沢山いました。入場時チェックも非常に厳しく、キックオフ後もスタジアムには入れない人が大勢いましたが、みなさん「ちょっと遅れるぐらい別にいいや、勝てばいいんだから」といった雰囲気で誰も文句を言っていませんでした。セキュリティをしっかりしてくれている方が安心ですもんね。それと、文句言っても始まらないことに文句をいうのはエネルギーの無駄使いでunhappyになるだけ。そういう価値感も私が是非見習いたいと思う、イギリス人の好きなところです☺️

それにしてもサッカー選手ってカッコいいいですね〜。​

​結果は3-0と快勝で、チャンピオンズリーグもgood startです!プレミアリーグでも現在首位ですから、今シーズン是非いくつか🏆をとって貰いたいですね。
さて、いよいよこの週末はエバートン戦。私が大好きなクーマン監督も、お騒がせの  ルーニーも、オールドトラッフォードにやってきます。これは絶対観にいかないと!

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。