広告
スポンサーリンク

娘と過ごすハロウィン!パンプキンカービングに初挑戦

娘が2歳でハロウィンも理解できる年齢になったので、今年は毎年スルーし続けて一度も重い腰をあげなかったパンプキンカービングに挑戦してみました。


泥の付いた状態で売られているパンプキンを洗って乾かします。


上部を蓋のように包丁で切り取ります。そんなに固くないですが、大きな包丁を使ったのでやっぱりちょっと怖かったです。怪我をしないようもっと小型の包丁で切る方がいいのかもしれません。またもっとヘタに近い上部で切り取った方が良かったかもしれないです。


中にもっとパンプキンの実が入っているのかと思っていたのですが、ほとんど空洞で種しかかき出すものがないのに拍子抜け。中の実の部分を使ってパンプキンパイを焼こうと思ってたのに!いや、やっぱりそれは嘘です。でもそういう先入観がありましたが、中身は想像以上に空っぽでした。スイカより大きいのにスイカより軽かった謎が解けました。

ビニールのゴミ袋を3枚広げて、パンプキンが床に飛び散るのを防ごうと思っていましたが、ゴミ袋は全然必要ありませんでした。


娘が種をかき出す作業を楽しんでくれると思いきや、「これ、ちょっと怖いねぇ。マミーやって」と…。繊維質が多くて確かにちょっと得体の知れない生命を触るようなグロテスクさがあります。娘の気持ちは分からなくもないです。


「お顔どうする?」と娘に相談すると「ハッピーなのがいいねー!」との返事が返ってきたので、初心者らしく無難に簡単に小型ナイフでくり抜きましたが、ちょっと全然怖くないし、なんかイマイチ感満載です…。もっとネットで色々と表情のアイデアをリサーチすれば良かったなとちょっと後悔。


中に小さなキャンドルを3つくらい入れてみました。


ちょっと情けないパンプキンですが、娘はキャンドルが灯されたパンプキンには無邪気に喜んでいたので、これで良しとしました。

しかし、パンプキンカービングって大仕事なのかと思ってましたが、初心者がこれくらいのものを作るのに所要時間は30分もかからないのですね。

こんなに呆気なくできるなら、パンプキンももっと買ってこれば良かったわ。


来年は気負わず、気楽にもっとパンプキンカービング楽しみたいと思いました。

さて明日がハロウィン本番。ナーサリーに朝早くから行けるように今日は早く寝なさい!と娘をベッドに送り込みました。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク

クリスピー・クリーム・ドーナツ(Krispy Kreme)の工場に潜入!

日本にも上陸しているクリスピー・クリーム・ドーナツ(Krispy Kreme)、もちろんイギリスにもあります。すごく甘いですけど、特に疲れている時とかに時々食べたくなりませんか?私はなります🤗

日本では2006年に上陸してから大ブームになって、最近は閉店も相次ぎ調子は今ひとつと聞きました。イギリスは日本と違い、流行るものも流行らないものも、いきなり大ブームっていうことにあまりなりません。人気のでるものも、消え去るものも、徐々にそうなっていく感じですね。graduallyとかslowlyとこちらでは表現しますね🇬🇧 これもまたお国柄ですね。

マンチェスターのTrafford Centre横にあるクリスピー・クリームのお店はちょっと特別なんです。何が他のお店と違うかと言うと、
店内の一部が工場になっていて、
このように作っている工程を全て見学できるんです😄

レジに並びながら、自分の順番が来るまで見学できるようになっています。

はじめて連れて行った2歳の娘も、獲物を前に興奮気味。 チョコレートがコーティングされたドーナツを指さし、「あれがほしい」と明確なご指示も飛び出します😁 

トッピングやフィリングは全て手作業。清潔且つ器用に、結構なスピードで作業が進みます。この仕事は経験がない人がやると凄く生産性が落ちそうですね〜。

そうこうしているうちに自分たちの順番がやってきました。

待っている間も結構楽しめるKrispy Kreme Manchesterのご紹介でした!

写真を撮り忘れてしまいましたが、お店の外にKrispy Kremeのトラックが何台も停まっていて、ここから近隣の店舗やスーパーなどにデリバリーされています。ということで、ここは工場も兼ねているんですね。

その場で作っていることもあり、やっぱり出来立てで美味しいんです!同じドーナツを買うなら、待ってる間も楽しくて、美味しいほうがいいですね。

マンチェスターにお立ち寄りの際は是非立ち寄ってみて下さい。特に小さなお子様がおられる方にはオススメです!

ちなみに、ドーナツは最近までアメリカで発明されたものとされていましたが、実はそれより前にオランダで発明されていた記録が見つかったと何年か前にイギリスのラジオで聴きました。真相やいかに?!

Krispy Kreme UK

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
スポンサーリンク

オンラインショッピング先進国イギリス!モンクレール 2017年新作ダウンコートで冬支度編

先日プチバトーのオンラインマーケティングが凄いと書きましたが、イギリスはオンラインショッピング先進国です。食品から衣料品までありとあらゆる企業がオンラインビジネスに参戦しており、オンラインマーケット上での戦いも日本以上に熾烈です。

痒いところに手が届くサービスに慣れきった日本人である私でも、感心するサービスもありますし、テクノロジーの発達に伴い日進月歩で利用しやすいサービスが増えているので、面白いです。

今回は今日ようやく手に入れたモンクレールのダウンコートについて。


モンクレールの公式オンラインサイトから発注して待つこと数日。段ボールに入って届きました。

段ボールを開けると、ちゃんとモンクレールの箱に入ってリボンがかかっています。高級ブランドをオンラインで買うと、このように店舗で購入したのと遜色ないプレゼンが施されています。小さなことですが、顧客の満足度に与える影響は確かにあるような気が致します。


じゃん!


シルエットや色はイメージ通りだったのですが、な、なんとサイズが小さすぎて合いません…涙。昔のモンクレールは00でいけたのに!モンクレールのつくりが時代に合わせて小さくなったのか、それとも私が大きくなったのか…。深く追求せず返品、サイズ交換することにしました。ちなみに、商品は全てイタリアの工場から発送されていて、返品も全てイタリアの工場行きです。

公式オンラインサイトに戻り、返品の手続きをした上で、モンクレールが契約しているUPSに電話して集荷のリクエストをすると、翌日にでも商品を引き取りに来てくれます。

集荷の依頼には午前8時から午後8か9時(だったはず…)の間で最低5時間の纏まった時間を決め自宅で待機する必要がありますが、サービスは迅速で手間も最低限で、大きなストレスはありません。返品費用は無料です。

この一連の返品、交換のプロセスの中で、私が驚いたのはモンクレールは返品の手続きをオンライン上で済ませるまで、同じ商品はサイズ違いでも追加で購入できません。

実は先日行ったイギリス最大のアウトレットモンクレール・ビスタービレッジのモンクレールショップで別の商品のサイズ00を試着して、「あれ?なんか小さい?」と思った私はその時には既に発注済みだったこの商品が配達される前に、返品・サイズ交換が必要になるのを見越して、ひとつ上のサイズ0を追加で注文しようとしたのですが、必要事項を全て記入しても何故かエラーとなり支払いのページに一向に進みません。売り切れてしまうかもしれないという強迫観念に取り憑かれた私はなんとしてもサイズ0を購入しようと何度もカードを変えたり、購入者を自分の名前から夫の名前にしたり、を繰り返しているとなんと私のPCのサーバーはモンクレールのオンラインサイトにアクセスが禁止されてしまいました。嘘でしょ?!と思いますが実話です。

サイズが分からないからと試着して片方を返品する前提で複数サイズを注文することができない仕組みになっています。それか大量にモンクレールを購入して高値で転売するような業者に商品が流れないようにする対策かもしれません。

やむなく、商品が届くのを大人しく待つことにしました。届いた商品を実際に試着してみて、やっぱり小さすぎたので、夫のパソコンからサイトにアクセスして、返品手続きを完了したら、集荷前でしたが無事にサイズ0を買い直すことができました。


それが今日やっと届きました♡


リボンのかけ方が前回とちょっと違い、箱の中身の商品にかかっていますが、その辺りまではマニュアル化されていないのがイタリア的(笑)


リボンを解いて、


シールを剥がして、


モンクレール!


何故かエラーになるのか理由の説明もなく、いきなりサイトアクセス禁止された時には、さすがにちょっとムッとしましたが、さすがにここのダウンコートのクオリティは高いですよねー。


ファー付きの帽子のついたコートって見た目にはとっても可愛いのですが、車生活だとフードが邪魔になったりもするので、フードがついてないタイプのものにしてみました。


フードがついてない分軽くていい感じですよ!色もイメージ通りピカピカ光沢のあるタイプのブラックです。


この冬大活躍間違いなさそうです。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。