広告
スポンサーリンク

イギリスのスーパー最新事情 進化する野菜 カリフラワー


いきなりですが、カリフラワーってビタミンCやカリウムが豊富で免疫力アップ、動脈硬化予防、美肌対策に有効なんですよね。

日頃から摂取したい気持ちは山々ですが、ひと玉買うとスーパーのビニール袋が結構ずっしり重くなるし、包丁で切るときも上から見ると房が全て繋がっているから小房に分けるコツがイマイチ上手く掴めず、なんとなく同じ様な見た目の野菜ならブロッコリーの方に手が伸びてしまいます。

しかも我が家の場合は夫が「カリフラワーってちょっとどちらかと言うと苦手な野菜かも…」な〜んて言うものだからカリフラワーを調理するモチベーションがなかなか上がらない。

でも野菜の品種改良なのか、別の品種のカリフラワーなのか、Sweet Stemmed Cauliflower (スイート・ステムド・カリフラワー)たる商品が最近スーパー、王室御用達スーパーWaitrose(ウェイトローズ) にお目見えして、これがすごい美味しいです。


よく見るカリフラワーと違い、中心の太い茎はカットされており、花蕾の密度が低く、中心の太い茎から房に分かれて伸びる細い茎が細くて長い。


同じような見た目のブロッコリーはイギリスに来た10年前からあって、食感が従来のブロッコリーよりモサモサせず、火も通りやすく気軽に調理できるので重宝していたのですが、いわばこのカリフラワー版が最近新発売されました。


茹でるとこんな感じになります。綺麗な黄緑が食欲をそそりますし、花蕾の花が咲いているように開いていて見た目も可愛らしいです。


ブロッコリーを先に盛り付けたので、Stemmed Broccoli の下に隠れてしまいましたが、生野菜を食べたくない日に葉野菜代わりにサラダのベースにするのがおすすめです。

カリフラワーは加熱してもビタミンCが壊れにくいのでサラダに最適です!


例えば、この上からアボカドと色どりのためにスイートコーンを加えます。


あれ、肝心のカリフラワーが完全に隠れてしまった…。失敗!失敗!


恐れ入りますが、お腹が空いているので今日のところはこのまま食べちゃいますね…すみません〜(笑)

イギリスのスーパーでお野菜買って料理する機会があればぜひステムドカリフラワーをお試し下さいませ♡ 

ちなみに盛り付けたお皿はイギリスで大人気のエマブリッジウォーターのものです。このお皿一枚で一気に食卓がイギリスっぽくなります🇬🇧

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。