広告
スポンサーリンク

プレイデートって何? ママ友の絆も深まるベストメイトとのプレイデート

娘の風邪も良くなり、今日は娘のベストメイトのお家にプレイデートに行ってきました。プレイデートとは親同伴で子供たちを遊ばせる約束を親同士がして、時間と場所を決めて会うことです。イギリスでは一般的なプレイデート。「今度、プレイデートでもしましょう!」が同じくらいの年齢の子供を持つ親同士の挨拶になっています。

娘のベストフレンドのMちゃん(仮名)は同じイギリスNo.1のナーサリーに通い、お互いお誕生日が1日違いで、性格も合い、娘が入園した一歳になりたてからずっと一緒のクラスで一緒に成長してきたイギリス人とイタリア人のハーフの美少女です。

ナーサリーの先生からも「二人は本当に仲良しでいつも一緒に遊んでいます」とナーサリーに通い出した当初から言われていました。あまりに仲が良いので、ランチの時のテーブルの席などは先生が取り計らって、できるだけいつも二人が一緒になるようにして下さっていたようです。

1歳になりたてなんて、本当にハイハイしている赤ちゃん同士なのに、そんな頃から人間同士の相性があることに驚きです。

私の娘はMちゃんとナーサリーの上のクラスに一緒に進級するためにトイレトレーニングも頑張ったのに、私たち家族が9月に遅い夏のホリデーをスペインで過ごしたことにより、上のクラスに一緒に進級するのに必要な慣らし保育のスケジュールの足並みを揃えることができず、Mちゃんは娘より1ヶ月先に上のクラスに進級してしまいました。

今月は娘が彼女のいるクラスと現在のクラスとを行き来して、慣らし保育を受けている最中ですので、Mちゃんとは上のクラスにいる間は会うことはできますが、二つのクラスを行ったり来たりなので以前のように1日中一緒というわけではありません。

〝当人同士、寂しい思いをしているはず〟という先方のママの温かいご好意でプレイデートしましょう!とお誘いを頂きました。

娘には昨夜から「明日はMちゃんと遊ぼうね♡」と伝えていて、娘も首をぶんぶん縦に振って相当楽しみにしていました。

あんなに楽しみにしていたのに、車から降りて玄関に向かう途中「ママ抱っこして」としがみつく娘。玄関の先にはこれからお友達のお誕生日会にパパと向かうMちゃんの4歳になるお兄ちゃんが靴を履いて今まさに出かけるところで、その先にはMちゃんが娘のことをウキウキと待ち構えている様子が見えます。

Mちゃんのパパとお兄さんにご挨拶してお家に上がった途端、Mちゃんとおもちゃにまっしぐらに駆け寄り片っ端から遊び出す娘。暫くの間、二人はそれぞれ好きな別々のことに夢中で目も合わない(笑)私は二人とも完全に我が道を行く遊び方をしているのが面白くて、Mちゃんのママが入れてくれたグリーンティを片手にMちゃんのママとお話しながら二人を暫し観察していました。

Mちゃんは奥の部屋からせっせと自分のお気に入りのおもちゃを運び出してくれるので、二人のいるお部屋のおもちゃの種類はあっという間に膨れ上がっていきます。娘がMちゃんが持って来た新しいおもちゃに興味を示しても、Mちゃんは自分が納得のいくまで遊びますし、娘も本気では欲しがりません。二人の間には信頼に基づく阿吽の呼吸があるのでしょう。娘もMちゃんが飽きたら後でそのおもちゃで遊べると分かり切っているような様子です。


Mちゃんのママが「シェアしてあげなさい(おもちゃ貸してあげなさい)」とMちゃんに言います。私は彼女たちくらいの年齢の子供は子供自身がシェアしたくなければ、シェアしなくていいという話を最近聞き、なるほどなあと思わさせれたばかりだったので、「シェアはしなくていいらしいわよ」と聞いたばかりの話をそのまま受け売りで話しました。


そのうち、二人は隣のお部屋に移動して、いよいよ一緒に遊び出しました。お家の窓をカフェのカウンターに見立ててお茶を入れてくれたり、ケーキを出してくれたり。


二人でピクニックしたり。女の子は可愛いですね〜♡


このピクニックバスケット、Mちゃんの目下大のお気に入りのおもちゃのようなのですが、Mちゃんが一瞬目を離した隙にMちゃんのママがカーテンの後ろに隠したのを、「私のバスケット、どこに行ったの??」と部屋中必死に探す彼女を見て、Mちゃんのママがクスクス笑っていると、娘が「ほらここだよー」と隠し場所をバラしたりしていました(笑)

この頃の子供達はその場の状況の中での自分の立場や役割、それにユーモアや冗談もはっきりと理解しているので、一緒に遊んでいても遊びごたえがありますね。またMちゃんのママは2児のママなので私にしてみれば大先輩ママ。こういった遊び方一つとっても〝なるほどこうすると子供は喜ぶのか!〟と私は教わることがとても多いです。


二人はこの後、Mちゃんママの号令で隠れんぼをし始めたのですが、二人とも隠れ方が下手なこと、下手なこと😂上の写真はピンクのおままごと用のベイビーブランケットを頭巾のように頭に被って隠れたつもりになっている私の娘です。娘よ、隠れ蓑じゃあるまいし、それはさすがに手抜き過ぎじゃないか?…。


Mちゃんのママと私の大人チーム対、Mちゃんと娘の子供チームで隠れんぼしたら、二人揃って、部屋の角に突っ立ってるだけ😂「二人とも、もっと上手く隠れないとすぐに見つけられちゃうわよー!」とMちゃんのママが叫ぶと「きゃー♡」と可愛いはしゃぎ声をあげて逃げる二人。プレイデートって楽しいですね。


Mちゃんは、ゲストが来る特別な日だけポテトチップスを食べるのを許されているようで、子供用の小さなポテトチップス一袋を二人で仲良く食べて小休止した後、また二人でおもちゃで遊び始めました。

ここで「イギリスのおもちゃって本当に可愛いおもちゃが多いよね」という話になったのですが、Mちゃんのママはイタリア人なので、「でもイタリアにもオシャレで可愛いおもちゃたくさんあるでしょ?同じヨーロッパなんだし」と尋ねましたら「ドイツ、フランス、イギリスからの素敵な輸入品は手に入るけど、イタリアの可愛いおもちゃって特にないわよ」と言うことでした。

イタリア人って子供にとても優しいし国としてもオシャレなイメージだから子供の玩具で有名なおもちゃがないと言うのを聞いて意外に思いました。ちなみに日本のおもちゃでイギリスでも人気があるのはシルバニアファミリーですね。イギリスのデパートやおもちゃ売り場に行くと必ずあるのでこちらの子達は日本のものと知らずに遊んでいると思います。Mちゃんのママ曰く「日本の子供のもので好きなのはお弁当箱!おもちゃではないけれど(笑)」と言うことでした。

しばらく遊んだ後また小休止。Mちゃんのママが焼いてくれたイタリアのお菓子を振る舞ってくれました。


チャンベラ(ciambella)と言うイタリアのスイーツだそうです。


スポンジケーキですが、牛乳なしでバターの代わりにオイルを使うこともできるそうなので、牛乳にアレルギーがある子供にも食べさせられるケーキだそうです。ちなみに、娘は牛乳にアレルギーはないですが、私は牛乳にアレルギーがあるので、これは本当に有難かったです。


M ちゃんのママがバターの代わりに使うなら例えばこんなオイルを使うといいよとオススメして頂きました。過去の失敗からお菓子作りにはめっきり自信を無くした私ですが、本日頂いたケーキがあまりにふわふわで美味しかったので、レシピを教えて頂いて一度本気で挑戦してみたいと思います。


ケーキを食べて、お茶を頂いて、一息ついている間、Mちゃんと娘のことはMちゃんのお祖母様が見ていて下さいました。本日お伺いするまで知らなかったのですが、実はこの週末はイタリアからMちゃんのママのご両親が遊びにいらしていたのです。聞けば、金曜日の夜から月曜日までの短いご滞在でイギリスに遊びに来ることもそんなに頻繁にはないと言う話…。

「そんな大事なファミリータイムにお邪魔して申し訳なかったわ」とお詫びすると、「全然、構わないわよ。このまま夕ご飯も一緒に食べて行く?」とのお返事。そのあまりに広い心に感激してしまいました。

しかしさすがに、これ以上ご家族の貴重な時間をお邪魔するのは申し訳なかったので、夕ご飯のお誘いは、「気持ちは本当に有難いのだけど、せっかくのご家族との貴重なお時間だから今日のところはこれくらいで失礼するわ」とお伝えして失礼しました。

プレイデートって基本的には子供たちを遊ばせながらだから、大人同士の会話も話が途切れ途切れ中断してしまうので、落ち着いて大人の話はできないんだけど、今日はMちゃんのお祖母様にも助けて頂き、私自身もゆっくりとMちゃんのママとお話できて本当に嬉しかったです。

帰りにケーキを3分の1くらい切って、「3日くらいは日持ちするからお家でも食べてね」と手土産に持たせて下さいました。本当にMちゃんのママ、何から何まで優しすぎる。明日もこのケーキが食べられるなんてとても幸せだ♡

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。