広告
スポンサーリンク

マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムとの上位対決を制す!

今日はマンチェスター・ユナイテッド対トッテナム・ホットスパーの上位対決の試合を、オールド・トラフォードで観戦してきました!(過去のオールド・トラフォードでの観戦記事はこちら)

マンUは、前節で今期プレミアリーグに昇格したてのハダースフィールド・タウンFCにまさかの敗退を期したことで、首位のマンチェスター・シティと勝ち点差が開いたことに加え、今期絶好調で3位のトッテナムとの上位対決ということで、試合前からスタジアムは異様な熱気に包まれていました。

先ずは試合前の「絶対勝ってやる」モードのサポーターの動画をどうぞ。ドスが効いてて迫力ある皆さんですが、決して怖い人達ではないですよ🙂 皆さん自分のチームを応援するのが生き甲斐のピュアな人達なんです。皆さん小さな子供には本当に優しいし、身体の不自由な人やお年寄りがいたら、先に通してあげたりする余裕があります。イギリス=フーリガン=怖いというイメージがあるかもしれませんが、現代においてはそれはないですね😉

そして、トットナムには我らアジア人の誇りである韓国代表の孫興民(ソン・フンミン)選手が所属しているので、ソン選手を見るのも楽しみでした。トッテナムはエースで点取り屋のハリー・ケインが欠場したため、今日はソン選手がフォワードとして出場してました。アジア人の選手が、ビッグクラブで、大一番の試合にフォワードを任されるとは凄いことですよね。


ソン選手の背番号はエースナンバーであるNo.7。こうやってアジア人が世界のトップリーグで活躍する姿は、純粋にカッコよく、勇気を頂けますね👏 

しかし、、、、試合の内容は、両チームともミスが多く、連携もボールの収まりも悪いつまらない試合でした(と、夫がずっとボヤいてました)。確かに私が観ていても、見所のないパッとしない試合でした。


私達は渋滞を避けるため、いつも試合が終わるちょっと前にスタジアムを出るのですが、今日天気も悪く、本当につまらない試合だったので、早めに出ようと席をたった瞬間、夫一押しのフランス人で、若干21歳のアントニー・マルシャルが目の前で得点を決めてくれました!マルシャルは、19歳でマンUに移籍してきた時から見てますが、最初からおじさんのような落ち着きと貫禄のある素晴らしいプレーヤーです!とりあえず今日は勝てて良かったです。

最後に、ゴールを決めた後に喜ぶマルシャルの動画をどうぞ!

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。