広告
スポンサーリンク

日本サッカー界のレジェンド、藤田俊哉さんが働くLeeds Unitedの試合観戦記

今日は友人にご招待頂き、家族でLeeds Unitedのホームスタジアム(エランド・ロード)に行ってきました。リーズ・ユナイテッドは現在2部リーグ所属していますが、プレミア・リーグやチャンピオンズ・リーグでも成績を残している名門のビッグクラブです。

現在同クラブには、Jリーグの全盛期にジュビロ磐田のエースとしてご活躍された藤田俊哉さんがクラブ幹部として働いておられます。こういった方のご活躍は、日本人として誇りに感じます。

我が家からリーズ迄は車約1時間。家族でのドライブとしても丁度いいですね😊

スタジアムに近づいてきました。2部リーグのクラブとは思えない立派なスタジアムです。

しかも、試合の2時間前というのにこの人集りです。ファンショップも、行列で皆さん中に入れていません。

今回ご招待頂いたボックス席は、試合前にゆっくり食事をしてから試合を観戦するスタイルで、本当に快適でした!ご招待頂いた友人に感謝です。

結構フォーマルな雰囲気です。

お食事もデザートもお酒も、本当に美味しかったです。年の近い子達と一緒に遊べた娘も終始ご機嫌でした。ある方が、Jリーグと欧州リーグの決定的な違いの一つにホスピタリティー(おもてなし)があると仰っていました。欧州のスタジアムにはこういったボックス席やホスピタリティー席が沢山用意されていて、おもてなしをする体制が整っているそうですが、日本ではまだ少ないそうです。

座席はこんな感じです。

いよいよ選手の入場です。この日の観客数は30590人で、対戦相手はノリッジ・シティ。スタジアムもサポーターも本当に雰囲気があり、歴史を感じざるを得ません。2部でもこれだけのお客さんが入るクラブがあるんですね〜。さすが、サッカー発祥の地イングランドです⚽️

本当に見やすい席で、楽しく試合を観戦させて頂くことができました。

私は完全な素人ですが、プレミア・リーグよりも、選手同士の体当たりが激しい気がします。相当な迫力で、見応えのある試合でした。ちなみに、両手を広げて怒っているのは監督ではなく、アシスタント・コーチの方です。試合中、選手に檄を飛ばしたりと終始テンションMAXでしたが、監督より目立つアシスタント・コーチを初めてみました🤣 監督は後ろで手を組んでおられる方です。

試合は1対0でリーズ・ユナイテッドの勝利!危うい場面も多々ありましたが、何とか逃げ切りました👍

試合の後はゆっくりお茶を頂いて、スタジアム周りの渋滞が緩和した時点でホテルに移動しました。今日はリーズのホテルで泊まり、明日ゆっくり帰ります^_^

あ〜、楽しかった!

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。