広告
スポンサーリンク

演出が素晴らしく、最高に楽しいギネスビール博物館(Guinness Storehouse) !!

我が家は特にビールが大好きというわけでもないので、前回ダブリンに旅行した際は、ギネスビール博物館には行きませんでした。

しかし、今回は6日間のダブリン滞在と比較的時間もあり、是非行くべきと勧めてくださる方も多かったので、行くことにしました。

1756年に創業されただけあり、外から見る建物にも歴史を感じさせる重厚感がありました。これは駐車場から入り口に向かう道です。250年以上前からこういう雰囲気だったんででょうね。イギリス生活が長いせいか、何故かホッとしました😌

入口は意外と地味です。

今回は急に訪問を決めたので、当日窓口でチケットを買って入りました。博物館は昔の工場を改装しているため、雰囲気があります。旧くからある建物に、近代的なインテリアデザインと、エンターテイメントが絶妙に組み合わされ設計された、素晴らしい歴史資料館だと思います。

歴代のビールボトルが美しくモダンに展示され、

乾燥された麦芽は触れるようになっていて、触ると結構気持ちいいんです。お友達に聞くと、どこのお子さんもこのコーナーから中々離れないようです☺️

館内は広く、子供も自由に動き回れるので、娘も終始ご機嫌👍 チャイルドフレンドリーですよ。

これはビールの中で発酵する実際の泡の数とか何とか、、、そんな感じの説明を受けましたがよく分かりません😅 綺麗だなと思って写真を撮りました🤳

実際に使用されていた樽や、

輸送時に使用されていたギネス社の列車と、長い歴史を感じさせる展示物が沢山あり見応えありです。

こちらは人気の試飲コーナー。ビールが出来上がっていく各工程で、香りがどう変わっていくかなどを体験できます。

そして試食用ミニギネスを各自飲みながら隣の部屋に移動し、ギネスの歴史や品質管理の厳格さについて説明を受けます。さすがに250年以上人々に愛され続けてきた歴史があると、全てのストーリーに説得力があります。

博物館の中にカフェがあり、休憩しながら見学ができます。カフェで販売されているギネス味のポテトチップス、これが本当に美味しいんです!夫が横で何回も「激ウマ」と興奮していました。

そしてまた歴史を学び、昔のテレビCMに何となく懐かしさを感じ(リアルタイムで経験したわけでもないのに😉)、見所満載でした!

そして最後に入場券についているクーポンを持って最上階のギネスバーに(^^)

こうやってチケットを渡すと無料でギネスビールが頂けます。

この状態で5分程放置され、そこからまた注がれ完成!

これが最も美味しい入れ方だそうで、実際ビールがあまり好きでない私が飲んでも、クリーミーで美味しかったです。

そして出口に近づくと、「このまま帰しませんよー!」オーラ全開のグッズショップが。品揃えの幅も広く、商品も充実していて楽しいです。クリスマスオーナメントなど、ここでしか買えない商品を記念にいくつか購入しました。結局ギネスビール博物館には3時間ほど居ましたねー。ビール好きの方だと4時間でも足らないと思います。機会があれば、是非皆さんも行ってみてください!

全て見終わった後に外に出ると、更に歴史とその重みを感じました。人に長く愛され続けるモノやサービスは本当に素晴らしく、そしていつまでも色あせず美しい。世界中にはそういったものが沢山あると思います。我々人類で大切に育んでいきたいですね😘

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。