広告
スポンサーリンク

マンチェスター・アリーナのボックス席でポウ・パトロールを観る

先日、娘の大好きなカナダの人気アニメPaw Patrol (ポウ・パトロール)のマンチェスター公演に行ってきました。

開催場所はマンチェスター・アリーナ。通称MEN(Manchester Evening News) アリーナ。アリアナ・グランデさんのコンサート直後に起きたテロ事件現場でもある当施設は、なんとイギリス及びヨーロッパでも最大の室内娯楽施設らしいです。

マンチェスターを侮るなかれ、思わぬところにこんな一番のものがあるんですよ。だから、世界的なスターもイギリス公演となればマンチェスターまで来ますし、音楽を聴く環境は何気に凄く良いんです。

有名なロンドンのO2アリーナが20,000人収容可能なのに対してマンチェスター・アリーナは21,000収容可能だそう。因みに日本武道館は最大14,471人という実績がある模様ですが、それより1.45倍の規模ということです。

娘のたっての願いでこのイベント情報を年明けくらいからずっと気にしてまめにチェックしていて、チケット発売後すぐ一番良いカテゴリーの一般席のチケットを3枚購入していましたが、イベントの数日前に「私たちのボックスで一緒に観ない?」と驚きのお誘いを友人家族から頂きました。

前述の既に自分たちで購入したチケットはありましたが、せっかくのお誘いなので、そのチケットは使わずに、友人のご招待を受けることに致しました。

アリーナ周辺の道は一方通行だらけで分かりにくいのですが、こちらがアリーナの駐車場入り口です。

駐車場に入ると私たちは係員の方に誘導されてこのスイートホルダーオンリーのエリアに駐車するように言われます。

一番良い場所にあって、コンサートの前後も混雑や渋滞とは無縁です。

駐車場から会場までも係りの方が案内してくださってスイスイ進むことができます。途中、手荷物検査があり、規則でスイートホルダーでもリックサックの形状の鞄は持ち込むことができないらしく、リックサックで来場した方は別の鞄に移し替えるように言われていましたので、このアリーナに来場する際にはリュックサックは持っていかない方が賢明です。

様々なご縁でフットボール・スタジアムのボックス席で観戦する機会には時々恵まれますが、コンサート会場のボックス席にご招待頂いたのはこれが初めて。観覧環境が最高でとても贅沢な経験をさせて頂きました。

部屋はとても広くて赤ちゃんや子どもたちは外のベンチ席と室内を自由に行ったり来たり走り回れるくらいの余裕がありました。シャンパンやワイン、ソフトドリンクが振舞われ、ビュッフェ形式のお料理も種類が豊富で本当に美味しかったです。そしてボックス毎に個別の清潔なピカピカのトイレが付いているのがオムツが外れた子連れの身としては何より有難かったです。

子連れのコンサートでなくて、好きなアーティストのコンサートだとしたら、シャンパン片手にソファに腰掛けて、ゆったりリラックスして生演奏を聴くってそれも贅沢だな〜とも想像してしまいました。

さて、娘はショーが始まると3歳児とは思えぬ驚くべき集中力を発揮して、見入っていました。これも快適な観覧環境だからこそですし、同じボックスに招かれていた別のファミリーとの素敵な出会いもありました。

本当にお誘いして下さった友人家族にひたすら感謝です。

しかし、21,000人規模のアリーナでのショーが成り立つポウ・パトロールの人気恐るべし…。

娘が着ているこのコスチュームは昨年から家の内外で着倒しているポウ・パトロールのメインキャラクターのSkye(スカイ)ですが、同じようにキャラクターのコスチュームを着た可愛い子供たちが会場には大勢いて、その光景を見ているだけでも大変癒されました。

今は「またポウ・パトロールのライブショーに連れて行ってね」とせがむ娘ですが、来年の今頃にはきっともうポウ・パトロールは卒業して、新しいお気に入りを見つけているのかなと思うと、今、目の前にいるスカイのコスチュームに身を包み満面の笑みの娘の姿がとても愛おしく感じます。

時間よ、止まれっ!

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。