広告
スポンサーリンク

ロンドン自然史博物館の新しい仲間がRochdaleに来た!ディプロドクスの骨が驚異の迫力

私の娘は恐竜の骨が大好きでロンドン自然史博物館はマンチェスター郊外に住みながらも会員費を払ってメンバーにまでなり、何度も通っていますが、その素晴らしいコレクションに新しく仲間入りになるディプロドクスの骨が今、イギリス全土をめぐるお披露目ツアーの最中で、確かツアーの開催地の8つくらいの都市に選ばれて、今マンチェスターのRochdaleに来ています。

娘が恐竜好きなことをご存知の日頃から大変お世話になっている方から教えて頂き、2月上旬に展示されてすぐに見に行きました。こちらの写真が骨が展示されている実際の建物の入り口です。

これがもう度肝を抜かれる迫力で、本当に素晴らしいです。おそらく、恐竜好きの方でなくとも一見の価値があります。

骨の近くにある部屋で色々な遊びも出来ました。
娘はもう色々と興味津々です。

展示会場が街の中心を挟んで二つの建物に分かれているのですが、個人的には、先ずは目玉の恐竜の骨を見た後、街の中心を観光しながら、徒歩で10分くらい移動して、もう一つの展示場に移動することをお勧めします。情けないことにもはや記憶が曖昧なのですが、ディプロドクスや恐竜時代から派生して現在の気候変動に関わる展示がされていたように思います。その場にいた時にはイギリス人ってプレゼン術に長けていて、本当に勉強になるなぁ、分かりやすいなぁと大感動で見ていたのですが…汗 5歳の娘にもわかりやすく娘は大喜びでした。

残念ながら、今オンラインサイトを見ると新型コロナウィルスの影響で、展示会を中断しているようですが、落ち着いたらどこかの段階で再展示されるようでもあります。

http://www.rochdale.gov.uk/events-and-activities/events/Pages/the-dippy-experience.aspx

最終的にはロンドン自然史博物館に帰属する骨なのですが、もしマンチェスター近郊にお住まいでご興味のある方がいらっしゃいましたら、ロックダウン明けの再開を待ってこの機会に行かれることをお勧め致します!特に骨の周りは広々していて、特に混んでいなければ2メールのソーシャルディスタンスを保つことは十分可能だと思います。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。