広告
スポンサーリンク

イギリス新型コロナ ラグジュアリーオンラインショッピングサイトNET-A-PORTERもロックダウン中 【小売業ケーススタディその2】

イギリスの田舎に住んでいて、買い物はどこでしているの?と日本人のお友達にたまに聞かれます。「日本人とイギリス人ではサイズも流行りも違うし、苦労してるんじゃない?」というニュアンスが言外に込められているように感じます。

ところがどっこい、進化したオンラインサイトのお陰様で洋服の買い物には全く苦労していません。サイズ展開も今時は中国人に対応しているせいか、全く問題ないですね。イギリスのオンラインショッピングサイト、一言で言えば最高です。完璧。

流行については、もう10年以上イギリスに暮らしていると、こちらの流行りが自分の中ですっかりスタンダードになってしまっていて、日本の流行が逆に理解できなかったりします。あと、こちらはラグジュアリーブランドでも洋服などはセールやプロモーションの対象になるので、日本で洋服の値札を見ると高過ぎる!と思いますね。

自分が普段一番好きなイギリスのオンラインサイトがこちら、NET-A-PORTERです。最初はこの辺りに住むフットボーラーのパートナーやワイフからお勧めされて使い始めたこのサイトが本当に素晴らしいです。2000年に創業以来、ラグジュアリー路線を貫き、瞬く間に急成長を遂げ、グッチなどの一流ブランドの服を始め、最近はカルティエやエルメスの時計なども取り扱っています。衣類のオンラインショッピングサイトとしては世界で最も高級感があるサイトだと思います。

創業者のナタリー・アスネーのプロフィールと華やかなセレブリティとの交友関係の紹介、チェルシーのアパートの一室で自分と旦那さんと投資銀行のご担当と£800,000の融資を元手に会社を設立したとされる創業の経緯、スイスのRichemont社への株の売却並びにイタリアのYoox社との合併に見る成長の背景、グローバルマーケットに於ける現在の輝かしい位置づけと成長戦略などについては、以下の記事によく纏っています。

https://martinroll.com/resources/articles/branding/net-a-porter-revolutionizing-global-fashion-retail/

このネットアポーター、すごいのはその抜群の品揃えとセンスのみならず、コンスタントに随時新商品がふんだんに投入される仕組み、高額商品でも一度クレジットカードを登録してしまえば、オーダーがワンクリックで完了してしまう簡便さ、返品も無料でストレスフリー、サイト自体の使いやすさと商品の写真やビデオのクオリティの高さ、カスタマーサービスは24時間週7日対応の徹底ぶりと本当にオンラインサイトのお手本のような会社なのです。

ウィンドーショッピングではないですが、洋服が大好きな私には新着アイテムを見ているだけで、目の保養。現実逃避にもってこいです。もちろん、欲しいものを全て手に入れることはできませんが、うっとりと溜め息まじりで、眺めていると恐竜好きの娘が「ダディ、マミーがまたネットアポーターサウルスになってるよー!」と大声で夫に言いつけにいきます🤣

そのeコマースの神、ネットアポーター社もこの新型コロナウィルスのアウトブレイクで、一旦は休業宣言をして、イギリスでは全くショッピングができなくなっていました。

しかし、先ずはアジア向けの出荷を再開し、暫くして今イギリス向けの販売については、暫定策として以下の対応を採っています。同社のホームページには、「公衆衛生に関わる緊急事態を受け、地域の皆様の健康と安全の為、配送サービスを一時停止することを決定しましたが、お買い物して頂くことは可能であり、配送センターが再開したらすぐに発送します」とあります。

https://www.net-a-porter.com/Help/FrequentlyAskedQuestions

1. オーダーは通常通り、同社のオンラインサイト上で可能です。

2. 配送センターが再開し次第、商品を発送します。

3. 支払いはオーダーから9日目に引き落とされます。

4. オーダーのキャンセルは商品発送前であれば、カスタマーサービスにメールでご連絡頂ければ、いつでも承ります。

5. 取り引きをより簡易にする為、返品期限を通常時より長く受け取り後60日としますので、ゆっくり時間をかけて決めて頂ければと思います。

なんて素晴らしい!これぞ顧客視点の小売業の鑑です。コロナで消費が落ち込み、様々な制約により商売が厳しいのは世界各国、全国共通ですが、こういった混乱の時だからこそ、分かりやすく明確な説明や経営努力による一工夫が消費者に安心感やポジティブな印象を与えるのだと思います。今回の新型コロナパンデミックを受けて、世界中の小売業でECへ大きくシフトが起こることは避けられない流れだと思いますが、そんな今、天下のネットアポーター社に学ぶことが大いにあると思います。

久しぶりに、同社のホームページを見ていたら、不味いですね…。コロナで冬眠していた自分の物欲がじわじわ戻ってきます😂 コロナで強制的にネットアポーターで買い物ができなくなり、この一時停戦の状況下で、実は密かにほっとしていたのに、配送が再開されたら、またきっと“ネットアポーターサウルス”に逆戻りの予感がします😂🦕

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。