広告
スポンサーリンク

イギリス新型コロナ、ロックダウン中のお勧めアクティビティ、ウォータースライドで盛り上がる!

イギリスの北西部は、今年の春は例年以上にお天気に恵まれており、昨日は日中の最高気温が24℃まで上がる天気予報でしたので、水遊びをしました。

ロックダウンと聞くと、家から外出禁止のような印象を与えかねませんが、このように家の庭でのアクティビティに制限はありませんし、公園に散歩に行ったり、遊具を使わない遊びをしたり、人々は結構それなりに自由に過ごしています。

この週末は金曜日が祝日で三連休なので、夫は娘が大好きなウォータースライドをしようと前日から天気予報と睨めっこしていました。

天気予報通り、気温が正午から午後2時くらいまで24℃に達して、日差しも強かったので、曇らないうちにと、慌てて外に飛び出しました。

娘は嬉しくて、興奮し過ぎて、手のつけられないくらいのはしゃぎ様です。私が娘の顔や体に日焼け止めを塗っている間も、自分のおでこにかかる前髪を両手で後ろにあげて押さえて、一刻も早く自身がスタンバイできるように塗りやすいように協力してくれました。

このウォータースライド、イギリスにもあるドイツのディスカウントスーパーLidl (リドル)で格安で購入したものですが、我が家では、かなりのヒット商品です。ホースに繋いで、蛇口をひねって水を入れると、噴水のように片側から水が吹き出します。その水で滑るので、緩い傾斜のあるところで滑り台のように使ったり、後ろから背中を押してもらうと、大人も子どももスライドの端から端まで、水の上を滑る氷のようにツルツル滑ります。

娘曰く、イギリスで家庭用のビニールプールは夏でも寒すぎてずっと入ってられないので、水しぶきを浴びて遊ぶウォータースライドの方がずっといいのだそうです。

確かに、ここイギリス北西部は、真夏でも日陰に入ると肌寒くて、水遊びなどしている時は特に、日が陰ると一気に体が冷えますので、日が照っている間に集中して遊び、太陽が隠れたら一目退散が鉄則です。

しばらくは、新型コロナの影響で、旅行もスイミング教室も難しそうなので、せめて家の庭でホリデー気分を味わいたく、今年の春夏は例年以上に良いお天気を期待したいところです。

広告
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。